人生を深く考えるということ



この広い世の中にはあまり人生を重く大きく考えない人と、どうしても深く悩んでしまう方と2通りのタイプがいるのかもしれません。 気楽な生き方を動物のように本能の赴くままにできたら、心の病もあまりないのかもしれませんが、どちらがいいとは誰にもはっきりとは現段階ではわかりません。 結果をタイムリーな情報を探してみてもまたどちらと決めることもできませんし、正解もどちらが正しいとは未来になったとしても簡単には誰にもわからないので当然ですが答えは誰にも言い切れません。



後悔しないように生きる為に



若いうちに人生を悟るということは、ある意味ですが年を重ねてから後戻りできなくなるよりは、実は良いのかもしれません。 世間一般的な見方を考えると30歳というのが節目でして、女性は妊娠、男性は稼ぎということで世間と比較され大きな転機になります。 家族ができて縛られてからでは、後悔しても変更がなかなかできなくなることが結果として時と場合によっては伴って比較的多くあります。



人生の目的を考える



長い人類の歴史のなかで、人生の目的を悟れたひとはいたのでしょうか。 その答えがあっているか間違っているかは特に関係なく、その方なりの自論で最後は構わないのです。 私は30歳のときに自分なりに明確な結論を着実に出すことができました。 絶対に1年以上掛って、考えた末に出した答えは、違った側面からもこれ以外にもいつでも思いつきそうなくらい単純で簡単なことで「途中で自ら人生を終えないこと」でした。 短絡的にポイントを端折って言えばそうなると気楽に肩の力を抜いて穏やかに生きることができて、何かを果たさなければとかやりとげるといった、夢のような計画やたいそうなことは現段階では今後は残念ながら不要になってしまいます。

性格

意見
考え
正解